照井 壮

粗磁土八角皿

Quantity
Soldout

照井 壮

粗磁土八角皿

「粗磁土」とは一度焼いた磁器を細かく砕いて、再度生地の中に混ぜ込むことで生まれる素材。
磁器特有のすべすべ感がなく粗い表情を持った磁器で、ところどこと凹凸が見られるのが特徴です。

材質は磁器で作られているので、電子レンジ・食洗機にご使用可能です。
※器はひとつひとつ手作りで作られているため、形・サイズ・風合いが異なる場合があります。


-素材-
磁器


-サイズ-
径21cm×H3cm


照井 壮

1974年有田に生まれる。東京造形大学彫刻科を卒業後、岐阜県の鯉江良二工房にて作陶始める。
2000年に韓国にて約1年間季康孝氏のもとで修行をし、
翌年有田へ戻り有田焼の原料を使って磁器のうつわの制作を開始する。
有田焼の伝統を受け継ぎつつ、独自の質感や白の磁器は、
見た目の美しさと実際の使いやすさの両方を兼ね備えています。